◆申請に必要な書類

古物商許可の必要書類

古物商許可申請に必要な書類

 提出書類備考手数料の目安
【警察署でもらえる書類】
1古物商許可申請書0円
2申請者の誓約書2019年12月14日から
様式が一部変更
0円
3管理者の誓約書2019年12月14日から
様式が一部変更
0円
【申請者が用意する書類】
4過去5年間の略歴書市販の履歴書でも可(都道府県により様式に差があり)
様式ダウンロード(pdf)
0円
5住民票の写し本籍地記載かつ
マイナンバーの記載がないもの
300円
6身分証明書本籍地の市区町村役場で取得300円
7管理者についての4~6の書類申請者が管理者となる場合は不要900円
【法人の場合、追加で必要な書類】
8法人の定款のコピー余白に「原本と相違ない」旨の
朱書・捺印をする
0円
9法人の登記事項証明書履歴事項全部証明書または
現在事項全部証明書
480円~
【その他都道府県ごとに指定された書類など】
10賃貸借契約書や使用承諾書申請者と営業所建物所有者が異なる場合0円~
11営業所の土地・建物の登記簿謄本など申請者と営業所建物所有者が同じ場合480円~
12営業所の地図・見取り図不要な都道府県もあります0円
13プロバイダ等からの資料のコピーサイト(固有のアドレス)で古物売買を行う場合0円~
14法定代理人の承諾書申請者が未成年者の場合0円

※都道府県や管轄警察署によって必要書類は異なることがございます。警察署のサイトに掲載されていない書類が必要になることもあります。特にご自身で申請される場合には、事前に管轄警察署にお問い合わせください。

※ご依頼によらずに、本サイトに関連して発生したお客様または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとしますので、ご了承ください。