古物営業法改正

【2018年改正】古物営業改正で追加!5つの本人確認方法

2018年10月24日から改正古物営業法と同施行規則が施行され、古物買取りの際に必要な本人確認に5つの方法が追加されました。

特に、インターネットなどを利用した非対面取引での本人確認方法の選択肢が増えました。

本記事では、追加された5つの本人確認方法と注意点を解説します。

続きを読む

【2018年改正】古物営業法改正で変わる4つのこと

古物営業法の改正

2018年4月17日古物営業法が改正され、4月25日に公布されました。

今回の古物営業法の改正では、大きく分けて4つの変更点(+1)があります。

それらによって何がどう変わるのか、既存の古物商許可業者にどんな影響があるのか解説していきます。

【追記】2018年10月24日から、改正点(2)~(5)が施行されました。

【追記2】2020年4月1日から、改正点(1)が施行されることが決定しました。

続きを読む

古物商の規制緩和が実現?3つの論点を予想!

古物商規制緩和

古物営業の規制緩和の議論が警察庁の有識者会議で行われており、2017年内に報告が取りまとめられる予定です(2017年12月26日追記:公開されました)。

古物営業の規制緩和議論へ 警察庁が有識者会議(日本経済新聞電子版 2017/10/12 10:06)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22156740S7A011C1CR0000/

あくまで個人の予想ですが、議論のポイントや今後の検討事項となりそうな3つの論点をピックアップしてみます。

【追記】警察庁のサイトで有識者会議報告書が公開されています。本記事で取り上げた都道府県ごとの許可や買取場所の規制緩和のほか、フリマアプリの規制についても議論されたようです。

警察庁「古物営業の在り方に関する有識者会議」https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/kobutsu/

 

【2018年4月27日追記】2018年4月、古物営業法が改正されました。改正内容や施行時期は下記の記事で解説しています。

続きを読む